制御盤、分電盤の制作は佐野電機エンジニアリング株式会社におまかせください。

事業案内

お客様の声をかたちにするため、佐野電機エンジニアリング株式会社は、
設計・製造・検査・工事・保守の一貫体制をさらに充実させ、信頼できる製品を安心価格でより早く皆様にお届けできるよう全力で取り組んでいます。

作業の流れ
設計・商談
電気設計CADシステムを導入し、お客様の個別ニーズに対応できるような体制を整えております。また、環境に配慮し、部品選定や回路設計の段階から配線の簡略化や再生品の利用等を積極的に行っております。
製造
1.銘板製作
 最新の銘板彫刻機を使い、各ボタンやスイッチの名称をわかりやすく表示するため、プレートやシールを自社で作成しています。専門スタッフが1枚ずつ丁寧かつ迅速に作成しますので、特殊寸法にも対応可能です。

2.BOX加工
 パンチングプレス機でBOXの扉や化粧板にスイッチやメーター等の穴開け加工を行っております。カット面の処理等にも細心の注意を払い、さまざま な仕様に対応しております。

3.組み立て・配線
 小さな部品のひとつひとつにもコスト削減や省エネへのこだわりをもって製造しております。

4.製品検査
 規格に対応する検査項目に佐野電機エンジニアリング株式会社独自の項目を追加し、工程内および出荷前の厳しい製品検査を行っております。

5.運搬・配送
 重量のある製品の積み下ろしにはフォークリフトが欠かせません。佐野電機エンジニアリング株式会社では安全を重視し、フォークリフト運転技術講習を終了したスタッフが運搬にあたっております。また、配送は製品数や納期に合わせ、一日の出荷便数を増やすなど、常に柔軟な対応を致しております。
アフターサービス・工事
佐野電機エンジニアリング株式会社製品の改修、保守管理はもちろん、既存の各種電源盤における動作の変更や改良などに関する工事でしたら何でも承っております。

沿革

1979年5月国母工業団地内にて内外電機製作所の下請けとして制御盤等の製作を開始
1980年5月現在の甲斐市万才に工場を新設
1984年4月資本金500万円法人として佐野電機エンジニアリング有限会社を設立
1992年4月シーケンスソフト・自動機制御盤製作開始。自動銘板彫刻機導入
1996年4月電機設計開始(CPUソフト設計者採用)
1997年4月第二工場新設
1998年4月電機設計用CADシステム導入
1999年4月瞬時停電感知装置設計開発
2002年9月一般電気工作物電気工事業者登録
2007年3月佐野電機エンジニアリング株式会社に社名変更

佐野電機エンジニアリング株式会社は東京都、神奈川県、静岡県、山梨県、長野県、埼玉県からの受注を主にしておりましが、全国からの受注も承っております。お気軽にお問い合わせください。

Copyright(C) 佐野電機エンジニアリング株式会社.All rights reserved.